PEOPLE
01

暮らしをより便利で快適に、
笑顔が生まれる商品提案を

Hirano Honami
2020年入社
西関東ヤマダ
PC 販売

ヤマダデンキから始まる、
豊かな暮らしづくり

私の勤務する店舗は、東京の郊外に位置する1フロア型の店舗です。近隣にお住まいの学生や家族連れ、さらにはご年配の方々など幅広い年齢層のお客様が毎日ご来店されます。冷蔵庫や洗濯機、テレビ、パソコンなどの家電からリフォーム関連商品まで広く扱う当店の中で、現在私がメインで担当しているのはパソコン関連商品です。ご来店いただいたお客様に対し、使い方や予算などのヒアリングを行いながら、最適な商品をご提案できるよう日々努めています。また、こうした商品の販売に限らず、ヤマダデジタル会員の提案や、修理対応・電話対応なども、大事な店舗業務として携わっています。

ヤマダデンキの最大の特徴は、家電にとどまらずリフォームやインテリア、さらには保険まであらゆる分野を扱っていることです。そのため、お客様の豊かな暮らしづくりを全面的にお手伝いすることができます。もちろん、「ヤマダデンキ」の名の通り、家電の販売がメインではありますし、暮らしのお手伝いと言っても、医者や消防士のような直接的に人を助ける仕事ではありません。しかしながら、生活に必要不可欠な商品の販売を通じて、豊かな暮らしの一助となれることに魅力を感じていますし、その結果、お客様を笑顔にできることに大きな誇りを持っています。

知識を身につけた先にあるのは、
お客様の笑顔

大学時代、私は文学部に所属し、日本文学について研究をしていました。そのため、家電量販店や商品に関する知識は、全くと言っていいほど持ち合わせていなかったのです。そうした背景から、入社してすぐの頃は、お客様からいただく質問にも満足にお答えできず、先輩方に頼ってばかりで申し訳なさや悔しさでいっぱいでした。しかしながら、そんな想いをバネにすることで、各メーカーのパンフレットを熟読したり、わからない箇所についてはインターネットで調べたり、商品について毎日勉強するようになったんですね。そして、努力が実を結び、それまで答えることのできなかった質問にスムーズに回答できたときは本当に嬉しく思いました。勉強すればするほど家電の知識が身につく上に、知識をそのまま仕事に活かせることは、私の大きなやりがいとなっています。

また、商品知識を身につける中で心の支えとなったのは、お客様からいただいた「あなたの説明がとてもわかりやすかった。」という言葉です。思ったように知識を活かせず売上が伸び悩み、自信を失くしていた時、この言葉のおかげで肩の力が抜け、私らしく精一杯お客様のために頑張ろうと気持ちを切り替えることができました。商品知識は、あくまで「お客様の暮らしを支えるために」身につける。そんな初心に返らせてくれることができた経験でした。

良いも悪いも、
包み隠さず伝える

販売員を始めて間もない頃、ノートパソコンを販売したことがありました。そのとき私は、お客様から伺った予算を優先し、お客様のパソコンの使い方や求める性能をしっかり確認せずご案内をしてしまいした。ところが、予算以上にパソコンの性能の方がお客様の使用目的に重要で、予算内に収める事よりも快適に使用できることが優先だったことを後になってから知ることになりました。

販売してから約半年後、私が販売したノートパソコンでは処理が遅くなってしまい、残念ながら「使いづらい」とのクレームをいただく結果となってしまいました。この経験から得たのは、しっかりとお客様のニーズと使用目的や用途をお伺いして最適な商品を提案することと、長く使用いただいた時のデメリットになり得ることまで説明することの大切さです。どのような商品を購入いただくにしても、できる限り長く、そして気持ち良く使い続けていただきたい。そのため、実際に手に取って使い心地なども確かめてもらいながら、商品を使うイメージが頭の中に描けるような提案を心がけています。

そんな私の今後の目標は、さらに商品知識を向上させていくことです。以前に比べれば知識は増えましたが、今でも質問にお答えできないことは多々あり、まだまだ力不足感は否めません。ですので、もっと商品やその関連知識を深めていきながら、お客様により信頼いただける販売員を目指しつつ、どんなことにも自信を持てるように成長していければと思います。

Hirano Honami

PROFILE
学生時代、「人の役に立てる仕事」を軸に就職活動をする中で、家電は人を支える存在だと気付く。中でもヤマダデンキなら、暮らしをトータルでサポートできると考え入社に至った。

※ヤマダデンキ:~2020年9月末は旧:ヤマダ電機