グリーン住宅ポイントとは

要件を満たす住宅のリフォーム工事を行った方に商品交換や追加工事に利用できるポイントを発行する制度です。

グリーン住宅ポイントの交換の流れ

ポイントを商品交換に利用する場合の流れ

※お客様ご自身で申請を行っていただきます。

ポイントを追加に利用する場合の流れ

※追加工事にポイントを利用する場合、ヤマダデンキが申請を行います。なお、追加工事に利用されたポイントについてはお客様にも通知されます。

対象のリフォームとポイント数

1申請あたり最低5万グリーン住宅ポイント以上かつエコ住宅設備断熱改修の設置のいずれかは必須工事となります。

いずれか必須の対象リフォーム

エコ住宅設備の設置

設備台数によらず設備の種類に応じたポイント数を発行。

エコ住宅設備の種類 1戸あたりのポイント数
太陽熱利用システム 24,000ポイント
高断熱浴槽 24,000ポイント
高効率給湯機 24,000ポイント

設備の種類に応じたポイント数×設置台数の合計ポイント数を発行

エコ住宅設備の種類 1戸あたりのポイント数
節水型トイレ 16,000ポイント×設置台数
節湯水栓 4,000ポイント×設置台数
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

開口部の断熱改修

「1箇所あたりのポイント数×施工箇所数」ポイント数を発行。

ガラス交換※1
大きさの区分 面積※2 1枚あたりのポイント数
1.4m²以上 7,000ポイント
0.8m²以上1.4m²未満 5,000ポイント
0.1m²以上0.8m²未満 2,000ポイント
内窓設置※3・外窓交換
大きさの区分 面積※4 1箇所あたりのポイント数
2.8m²以上 20,000ポイント
1.6m²以上2.8m²未満 15,000ポイント
0.2m²以上1.6m²未満 13,000ポイント
ドア交換
大きさの区分 面積※4 1箇所あたりのポイント数
開戸:1.8m²以上
引戸:3.0m²以上
28,000ポイント
開戸:1.0m²以上1.8m²未満
引戸:1.0m²以上3.0m²未満
24,000ポイント
  • ガラス交換は、箇所数ではなく、交換するガラスの枚数を乗じて算出あたりにポイント発行。
  • ガラスの寸法とする
  • 内窓交換を含む​
  • 内窓もしくは外窓のサッシ枠または開戸もしくは引戸の戸枠の枠外寸法とする
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

外壁、屋根・天井または床の断熱改修

「1箇所あたりのポイント数×施工箇所数」ポイント数を発行。 断熱材の区分についてはこちらをご確認ください。

施工部分 断熱材最低使用量(単位:㎥(立米) 一戸あたりのポイント数
断熱材の区分※1 A-1/A-2/B/C D/E/F
熱伝導率
(単位:W/m・K)
0.052〜0.035 0.034以下
住宅種別 戸建住宅 共同住宅 戸建住宅 共同住宅
外壁 6.0 1.7 4.0 1.1 100,000ポイント
部分断熱の場合※2 3.0※3 0.9 2.0※3 0.6 50,000ポイント
屋根・天井 6.0 4.0 3.5 2.5 32,000ポイント
部分断熱の場合※2 3.0 2.0 1.8 1.3 16,000ポイント
3.0 2.5 2.0 1.5 60,000ポイント
基礎断熱の場合 0.9 0.375 0.6 0.225
部分断熱の場合※2 1.5※4 1.3 1.0※4 0.8 30,000ポイント
基礎断熱の場合 0.45 0.195 0.3 0.12
  • 断熱材区分「A-1」〜「C」と、断熱材区分「D」〜「F」の双方を用いる場合は、断熱材使用量の算出にあたり、断熱材区分「D」〜「F」の使用量に1.5を乗じたものを断熱材区分「A-1」〜「C」の使用量に合算して計算することができる。
  • 「部分断熱」とは、上表に示す部分断熱の場合の断熱材使用量以上の断熱材を使用する場合をいう。
  • 間仕切壁を含む。
  • 最上階以外の天井を断熱化した場合は、「床」の断熱材最低使用量を適用する。
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

上記のいずれか必須の対象リフォームと合わせて行った場合、対象となるリフォーム

バリアフリー改修

工事の種類に応じたポイント数の合計を発行。

対象工事の種類 1戸あたりのポイント数
手すりの設置 5,000ポイント
段差解消 6,000ポイント
廊下幅等の拡張 28,000ポイント
ホームエレベーターの新設 150,000ポイント
衝撃緩和畳の設置 17,000ポイント
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

耐震改修

旧耐震基準により建築された住宅を、現行の耐震基準に適合させる工事が対象となります。

150,000ポイント/戸
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

リフォーム瑕疵保険等への加入

対象となる期間内に契約した、実施する工事について、国土交通大臣が指定する住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険および大規模修繕工事瑕疵保険への加入を対象となります。

7,000ポイント/契約
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。

既存住宅購入加算

以下のすべてを満たす既存住宅の購入を対象とします。

  • 建物の不動産登記事項証明書において、新築と記載された日付が2019年(令和元年)12月14日以前の住宅であること
  • 売買契約額が100万円(税込)以上であること
  • 2020年12月15日以降に売買契約を締結すること
  • 売買契約締結から3か月以内にポイント発行対象となるリフォーム工事の請負契約を締結すること
  • 自ら居住する住宅の購入であること
  • 既存住宅の購入とあわせて本制度の対象となるリフォームを行う場合、リフォームまたは既存住宅の購入のいずれかのみ申請可能です。(両方を申請することはできません)
  • 法人や管理組合等が発注者(申請者)となる場合は申請できません。(自ら居住に該当しないため)
上記、16の各リフォーム工事等のポイント数と同数のポイントを加算
より詳しい情報を確認する

国土交通省の事務局ページへ移動します。


発行ポイントの上限について

世帯の属性 既存住宅購入※2の有無 1戸あたりの上限
若者・子育て世代※1 あり 600,000ポイント
なし 450,000ポイント
一般世帯(その他) あり(安心R住宅※3に限る) 450,000ポイント
なし※4 300,000ポイント

グリーン住宅ポイントのスケジュール(戸別申請の場合)

対象契約期間 2020年12月15日~2021年10月31日
申請開始 2021年5月6日
申請期限 2021年10月31日必着
工事完了期限※1 2021年10月31日

グリーン住宅ポイントの組合せ例

例えば!お風呂とトイレを一緒に交換すると…

グリーン住宅ポイントお風呂と洗面台の組み合わせ例

最新のリフォーム厳選チラシに多数の対象商品(一部)を掲載しております。

リフォーム厳選チラシ

グリーン住宅ポイントの交換対象

商品との交換に利用する(商品交換)
  • 新たな日常」に資する商品
  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 防災関連商品
  • 健康関連商品
  • 家事負担軽減に資する商品
  • 子育て関連商品
  • 地域振興に資する商品
一定の要件に適合する追加工事との交換に利用する(追加工事交換)
  • 新たな日常」(ワークスペース設置、空気環境向上工事等)
  • 防災」に資する追加工事

グリーン住宅ポイントはヤマダの安心リフォームにお任せ!

お電話でのお問合せ
0120-723-772

受付時間10:00~19:00

ウェブからのお問合せ
制度事務局の情報を見る
グリーン住宅ポイント

国土交通省の事務局ページへ移動します。

電話お問い合せ
ウェブお問い合せ
トップへ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-723-772

受付時間 10:00AM~7:00PM


ウェブでのお問い合わせ お問い合わせ・無料見積依頼