皇后盃 第37回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会 出場

 2019年1月13日(日)、「皇后盃 第37回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」が西京極陸上競技場(京都市)発着、9区間(42.195km)のコースで開催されました。

 本大会は、日本女子陸上競技の中・長距離ランナーの育成強化を目的とし創設されました。 ヤマダ電機陸上競技部からは、群馬県代表として森本 紗和選手が出場したほか、ふるさと出場選手として出身府県から筒井 咲帆選手(京都府)、鈴木 翔子選手(埼玉県)、清水 真帆選手(静岡県)、市川 珠李選手(岐阜県)、宮城 亜支亜選手(沖縄県)が出場しました。

 それぞれの選手が各都道府県の代表としての誇りと期待を胸に力強く駆け抜けました。
皆様からの温かい応援をいただきまして、ありがとうございました。

Race Resultsレース結果

出場選手結果

群馬県 総合13位  総合タイム 2時間20分16秒
森本 紗和 4区 (4㎞) 13分21秒 (区間10位)  
京都府 総合2位  総合タイム  2時間16分45秒
筒井 咲帆 1区 (6㎞) 19分40秒  (区間8位)  
静岡県 総合8位  総合タイム 2時間18分38秒
清水 真帆 1区 (6㎞) 19分41秒  (区間10位)  
埼玉県 総合18位  総合タイム  2時間20分57秒
鈴木 翔子 2区 (4㎞) 13分28秒  (区間29位)  
岐阜県 総合38位  総合タイム 2時間25分09秒
市川 珠李 2区 (4㎞) 13分10秒  (区間16位)  
沖縄県 総合46位  総合タイム 2時間30分25秒
宮城 亜支亜 1区 (6㎞) 21分51秒  (区間47位)  
レース結果一覧へ