HOME > CSR INDEX > ヤマダ電機が考えるCSR

ヤマダ電機が考えるCSR

ヤマダ電機グループはCSR理念やESGに対する考え方に基づき、家電量販店業界のリーディングカンパニーとして
常に環境や少子高齢化などの社会変化を的確に捉えながら、「持続可能な社会の実現」に取り組んでいきます。

経営理念およびESGについての考え方

 ヤマダ電機グループは、経営理念に「創造と挑戦」を掲げ、社会や企業の成長と発展のためにさまざまな事業や取り組みを行っています。 そして、社会とともに成長し続ける企業グループを目指す中で、ステークホルダーの皆様への「感謝と信頼」を基盤としたCSR活動を推進しています。

 加えてヤマダ電機グループが、今後も社会課題の解決に寄与し、企業価値を向上させる企業であり続けるためにはESG(環境・社会・ガバナンス)への 配慮が必要不可欠と認識しており、社内外において積極的に取り組むことで、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

CSR倫理綱領・行動指針

ヤマダ電機はCSR倫理綱領・行動指針を基にCSR活動を推進しています。

1. 信頼の確立

ヤマダ電機は、お客様との約束に限らず、取引先様との契約などは、どんなに些細な約束事であっても、これを軽視せず、誠実に履行し、信頼される企業を目指します。

自社の社会的責任の重大さを十分認識し、情報の管理を徹底し、お客様に安心してお買い物ができるよう信頼の確立を目指します。

金融商品取引法(いわゆるJ-SOX法)に基づき適正で信頼できる財務報告を行うよう努めます。

企業情報を適時適切に開示し、株主の皆様からの信頼の確立を目指します。

業務の全てを通じて、健全で適切な運営を心がけ、社会からのゆるぎない信頼の確立を目指します。

2. お客様本位の徹底

常にお客様本位で考え、豊富な商品知識と丁寧な接客を心がけ、お客様のニーズに最も適合する商品やサービスを提供し、お客様の満足と支持をいただけるよう努めます。

3. 法令等社会規範の遵守

あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、公正かつ誠実な企業活動を行ってまいります。

4. 公正な取引

取引先様等とのお取引の際には、自社の利益のみを追求するのではなく、常に公正な取引を行うよう心がけ、実践してまいります。 お客様とのお取引の際には、お取引内容について誤解などが生じないよう、親切な接客を心がけ、納得・ご理解いただけるよう努めます。

5. 人権の尊重

お互いの人格や個性を尊重しあい、セクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどのない企業風土の醸成に積極的に努めます。

6. 環境保護への取り組み

環境問題は早急に取り組むべき人類共通の重大な課題であると認識し、省エネルギー・リサイクル等の活動に積極的に取り組みます。

7. 地域社会への貢献

ヤマダ電機は、すべての店舗が地域の方々に愛され支えられて初めて、存在意義を持つことを自覚し、地域の皆様との共存をはかり、地域社会の文化に貢献してまいります。

CSR推進体制

 ヤマダ電機グループでは、CSR活動を推進するために、CSR推進室長を委員長とする「CSR委員会」を設置しています。 さらに「コンプライアンス委員会」「労働環境改善小委員会」「CS向上小委員会」「環境関連小委員会」の4つの委員会を毎週開催し、 個別活動の内容についての議論、今後の活動の目標の確認を行っています。 委員会における検討内容は、月1回役員に報告しています。 また、「グループCSR会議」を年に11回実施し、各グループ会社の取り組み内容の報告や情報共有を図っています。

SDGsへの貢献

世界を変えるための17の目標

 2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」において、国連加盟国が2030年までの実現を目指す17のゴールと169のターゲットからなる 「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable DevelopmentGoals)が掲げられ、国だけでなく企業にも積極的な関与が求められています。

 ヤマダ電機グループは、事業活動を通じ、経済、社会、環境、人権、ガバナンスなどの分野でSDGsの目標達成に貢献すべく積極的に取り組んでいきます。

ステークホルダーとのエンゲージメント

 ヤマダ電機グループは、お客様、株主・投資家、お取引先やパートナーの皆様、 社員や地域社会などさまざまなステークホルダーの皆様と、お互いが感謝し、 信頼し合える関係を築いていくことがCSRの基本であると考えています。 これからも、さまざまなステークホルダーからの期待・要請に応え、責任を果たしていくことで、 ステークホルダーの皆様とのつながりを長期にわたり深めていきます。

ステークホルダーとのエンゲージメント

株主・投資家

株主の皆様からのご信頼とご期待に応えるため、持続的な成長を続け、企業価値を高めていくことを目指しています。 また、適時・適正・公平な情報開示を行い、積極的なコミュニケーションに努めています。

お客様

「お客様第一主義」による経営を推進しています。お客様のご意見を伺い、 組織全体にお客様満足を浸透できるよう、社員教育を含めて継続的なサービスの向上に努めています。

社員

「人」が経営において最も重要であると考えており、社員が働きがいを実感できる仕組みを提供し、 適正な人事評価を推進しています。同時に、社員の能力開発や労働環境の改善に努めています。

お取引先・ビジネスパートナー

メーカーをはじめとするお取引先の皆様と、健全かつ透明な関係の維持に努め、 長期的な信頼関係の構築のもと、共存共栄を目指しています。

地域社会

全国の店舗網を通じて地域の皆様と深いかかわりを持っており、地域社会はグループの基盤であるといえます。 ヤマダ電機グループは良き企業市民として、地域社会と共生し、信頼関係を深めていくよう努めています。

国・行政当局

政府や業務の所管省庁、地方公共団体と適切な関係を保持し、 経営の推進に努めています。