HOME > CSR INDEX > 環境保全

環境保全

ヤマダ電機グループは、地球環境との共生が社会・経済の持続的発展の基盤であると考えています。
そのため、事業活動での環境負荷低減、本業を通じた環境保全などの取り組みを積極的に推進しています。

環境マネジメント

 2010年8月にヤマダ電機の環境活動に対する基本姿勢を示した「環境方針」を策定しました。 この「環境方針」とISO14001を具体的な行動指針として環境活動に取り組んでいます。

/ ヤマダ電機の環境方針(2010年8月制定)

<行動指針>

1. 環境に関する法規制を遵守し、自らの社会的な責任を踏まえて地球環境保全および環境負荷低減に向けた事業活動を推進します。

2. すべての事業活動を通じて環境影響の把握を進め、事業活動を通じて発生する環境負荷の低減に向けた継続的な改善と汚染の予防に努めます。

3. 本業を通じて社会全体での地球環境保全に寄与するサービスおよび製品の販売を推進します。

4. 環境に係る問題に関する学習を通じて、一人ひとりが責任をもって自発的に行動できるようにします。

5. お客様や地域の皆様との連携を進めながら、地球環境保全に向けた取り組みを進め、積極的に情報開示をします。

<単体>マテリアルフロー

エネルギー
電力 501,939千 KWh
ガソリン 597.6 kℓ
灯油 50.6 kℓ
軽油 18.1 kℓ
LNG
(プロパン)
30千 m3
都市ガス 3,510千 m3
冷水 20,440 GJ
温水 1,195 GJ

ヤマダ電機

ヤマダ電機
CO₂排出量
276千 t-CO₂
廃棄物排出量
産業廃棄物 15,982 t
一般廃棄物 21,034 t
ISO14001本社機能認証取得

 ヤマダ電機は、2011年1月に高崎本社機能を対象として環境マネジメントシステムISO14001認証を取得しました。 また、事業活動に伴う環境負荷を抑制するため、店舗における省エネ推進をはじめ、再生可能エネルギーの導入など 省エネ・省資源に向けた取り組みを推進しています。2017年度には、ISO14001:2015の認証を取得しました。

ヤマダ電機
2018年度の主な取り組み

 ヤマダ電機では、事業活動においての環境配慮を重視しており、省エネおよび環境性能の高い製品の販売・サービスの提供や、 製品のリユース・リサイクルなどを行なっています。事業を通じた環境負荷低減の取り組みとして、スマートハウス事業、 またグループ会社(シー・アイ・シー、東金属、インバースネット)との連携で実現した家電・パソコンのリユース・リサイクルも引き続き推進しています。 店舗においても、高崎本社機能を対象に認証取得したISO14001に基づき、定量的な目標設定・管理のもと、環境負荷低減に向けた取り組みを推進しています。 進捗状況は毎週開催の環境対策小委員会で報告するとともに、月次で最新情報をホームページに開示しています。

2018年度の主な取り組みと目標・実績

主な取り組み 2018年度目標 2018年度実績
本業における
環境負荷の低減
家電リユース(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機) 113,000 台 95,760 台
パソコンリユース 336,900 台 352,047 台
CO₂抑制 29,792 t CO₂抑制 31,347 t
インクカートリッジリサイクル回収、販売によるCO₂抑制 1,000,000 個 930,329 個
CO₂抑制 75.7 t CO₂抑制 70.4 t
事業活動における
環境負荷の低減
デマンドコントローラー設置店舗のCO₂削減※1 2017年度対比 96.2 %以下 CO₂削減量 1,682 t
CO₂削減量 6,779 t
グリーン電力導入量(本社社屋)※1 2017年度対比 95.5 % CO₂削減量 5,420 t
CO₂削減量 5,187 t
グリーン電力導入量(本社を除く)※1 78店舗 2017年度対比 97.2 % CO₂削減量 968 t
CO₂削減量 987 t
太陽光発電によるCO₂削減(高崎・千里)※2 CO₂削減量 6.186 t CO₂削減量 5.692 t
店舗屋上太陽光発電によるCO₂削減への貢献(203店舗) 発電量 46,383,452 kWh 発電量 46,508,336 kWh
物流効率化によるCO₂削減 87.4 t-CO₂

左右スワイプで画面から溢れた表部分をご確認いただけます。

※1 CO₂換算係数:0.55kg-CO₂/kWh ※2 代表的な地域の年間予測発電量からCO₂削減係数314.5g-CO₂/kWhで算出

本業における環境負荷の低減

 ヤマダ電機グループでは、省エネ家電や太陽光発電システムなどをはじめとした、 ご家庭での省エネ・創エネ・蓄エネ推進の支援、また、使用済み家電のリユース・リサイクルの仕組みを構築し、 お客様の環境対策や社会全体の環境負荷低減に向けて取り組んでいます。

インクカートリッジや携帯電話のリサイクル

 各店舗のインクカートリッジの回収BOXから回収した再利用可能な使用済みインクカートリッジ1個に対し10円を寄付する活動を行っています。 2018年度は約93万個のインクカートリッジを回収し、6,233,180円を公益財団法人交通遺児育成基金へ寄付しました。 今後もインクカートリッジ回収を通じ、「循環型社会への取り組み」をさらに進めていきます。 また、不要となった携帯電話をグループ会社のインバースネットの協力のもと回収し、抽出した希少金属の再利用に役立てるよう取り組んでいます。

回収個数
(単位:個)
2016年度 2017年度 2018年度
インクカートリッジ 970,275 981,993 930,329
携帯電話 4,520 4,546 5,491
家電製品・パソコンのリユース

 ヤマダ電機グループでは、家電リユース事業を2001年度から、パソコンリユース・リサイクル事業を2007年度から実施しています。 2018年度のリユース実績は、家電(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機)約9万6,000台、パソコン約35万台です。
 お客様に家電リユース品を安心してご購入いただけるよう、製品の再商品化をグループ会社のシー・アイ・シーとともに構築しています。 厳密な機能チェックやクリーニング、販売時に最大24カ月間の保証を付帯するなど、お客様に安心していただけるサービスを提供しています。
 また、パソコンリユース・リサイクルについては、グループ会社のインバースネットと協力し、実施しています。

リユース台数

リユース台数