屋根・外壁リフォーム

エコキュートはとっても経済的

エコキュートという名称は、「エコ(環境)」と「給湯」を組み合わせた造語。「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯器」の愛称として使われています。
エコキュートは、目に見えない「大気熱(空気の熱)エネルギー」 と少しの「電気」を利用し、効率的にお湯を沸かす給湯器です。
夜間の安い電気を利用してお湯を沸かすので経済的
昼間の約1/3の割安な夜間の電気(*)と、高効率なヒートポンプシステムを組み合わせてお湯を沸かすから、1ヶ月あたり約3,600円もオトク! 貯湯式のエコキュートなら、夜間に沸かしたお湯をタンクに貯めておくことが可能です。
(*)中部電力 Eライフプランの場合
出典:中部電力ホームページ【算出条件】
年間の光熱費の比較は下記条件に基づき試算しております。実際の光熱費は各ご家庭の地域性やライフスタイルなど使用条件によって異なります。導入時に必要となる初期費用(機器購入費や設置工事費など)を含んでおりません。
<家族想定>木造戸建て2階4LDK約120平方メートル次世代省エネ基準IV地域(名古屋)を想定
<年間負荷>●給湯:16.3GJ/年●暖房:13.0GJ(LDK10.3GJ、その他居室2.7GJ)(注)電気・ガス併用住宅の場合は、LDKのみをガスファンヒーターとエアコンの併用とする。 ●調理:2.0GJ/年●冷房:10.8GJ/年●電灯・コンセント:12.6GJ/年(注)電灯使用量比(一般家庭モニター平均値をもとに算定)デイタイム:20%、アットホームタイム:55%、ナイトタイム:25%
<機器効率>[オール電化住宅]●給湯(注1):エコキュート300%(APF3.0)(注)セミオート(昼間沸き増しなし)●暖房:エアコン460%(注2)●調理:IH90%(注)メーカー調べ●冷房:エアコン380%(注2) [電気・ガス併用住宅]●給湯(注1):従来型都市ガス給湯器85%(注2)●暖房:エアコン460%(注2)/ガスファンヒーター100% ●調理:ガスコンロ56%(注3)●冷房:エアコン380%(注2)
<年間エネルギー使用量>[オール電化住宅]●年間エネルギー使用量:電気7,269kWh(デイタイム1,060kWh、アットホームタイム3,380kWh、ナイトタイム2,829kWh) [電気・ガス併用住宅]●年間エネルギー使用量:電気4,762kWh/ガス621立方メートル
<適用料金メニュー>[オール電化住宅]●適用料金メニュー :中部電力Eライフプラン10kVA(注)マイコン型蓄熱機器割引、全電化住宅割引、消費税等相当額含む(注)燃料費調整単価、太陽光発電促進付加金単価、口座振替初回引落とし割引は含まず [電気・ガス併用住宅]●適用料金メニュー :電気=従量電灯B50A/ガス=東邦ガス料金表B(注)消費税等相当額含む(注)燃料費調整単価、太陽光発電促進付加金単価、口座振替初回引落とし割引、原料費調整単価を含まず
(注1)配管ロス5%別途考慮(注2)資源エネルギー庁省エネ性能カタログより(注3)東邦ガスホームページより(注)電気・ガス各々100円未満を四捨五入したうえで、合算や差額の計算をしています。(注)ひと月は、年間の光熱費試算結果の金額を12で割って1ヶ月平均としたものです
給湯器なのに環境にもとってもやさしい

家族の省エネ・環境に対する意識も高まる

火を使う給湯器で使用するフロンの変わりに、CO2を冷媒に使用するので、オゾン層破壊係数はほぼゼロ。温暖化への影響も少なく、環境にもとってもうれしいシステムです。