HOME > CSR(社会・環境活動)

CSR(社会・環境活動)

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

2015年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
2011年度 2010年度 2009年度 2008年度    
■2015年4月度CSR月次報告
地域貢献・イベント活動
「安全・安心まちづくり運動」イベントを開催。
 2015年4月25日、LABI1高崎 「LABI Garden」にて、群馬県防犯協会と群馬県交通安全協会のご協力をいただき、「安全・安心まちづくり運動」のイベントを開催致しました。このイベントは、防犯思想の普及・浸透を図り、犯罪防止・不審者対策や、交通ルールの遵守、正しい交通マナーの実践を習慣付けることを目的に毎年春の交通安全運動に合わせて開催しています。ヤマダ電機は、今後も地域の皆様と共に、安全・安心まちづくりについて考え、貢献するイベントや取り組みを積極的に行ってまいります。
トピックス
トピックス
トピックス
地域貢献・スポーツ活動
女子陸上競技部が「第2回前橋・渋川シティマラソン」へゲストランナーとして出場いたしました
 2015年4月19日、第2回前橋・渋川シティマラソンが、行われました。5,570人の市民ランナーが参加。ヤマダ電機陸上部から5名の選手も、ゲストランナーとして一緒にレースを楽しみました。
 ヤマダ電機はこれからも女子陸上競技部の活動を通じ、子どもたちの教育支援、スポーツ振興、青少年の健全育成に向け、積極的に取り組んでまいります。
トピックス
トピックス
トピックス
トピックス
【 シティマラソンの様子 】
社会貢献活動
ヤマダ電機女子陸上競技部 森川監督 講演会
 2015年4月20日、群馬警察本部において、ヤマダ電機女子陸上競技部 森川監督による講演「かけがえのない宝物である人材を育てるために」が開催され、群馬警察本部幹部の皆様(計120名)にご参加頂きました。
 講演では、若い社員や部下との円滑なコミュニケーションをとるために大切にしてきたこと等、監督自身の経験を通し講演をさせていただきました。
トピックス
トピックス
CS(顧客満足)
    2月 3月 4月




eラーニング学習
コンテンツ数/参加人数
5コンテンツ 4コンテンツ 5コンテンツ
26,482名 20,980名 29,570名
礎生塾研修
開催数/参加人数
2開催 1開催 2開催
68名 14名 36名







修理受付から完了連絡が
8日以内の構成比
49.2% 51.6% 52.3%
配送工事に関する
重点教育テーマ
配送設置研修
36名
CS指導研修
47名
CS指導研修
38名
CS指導研修
26名
継続テーマ
主題

『確認不足(確認モレ)』に関する管理職からの指導

取り組み内容

・お客様からの質問事項に関して不明点があった場合は、曖昧な回答や間違った回答をしないよう上司や詳しい社員に確認したうえで、正確に回答するよう心掛けました。

お客様からの
ご意見・ご指摘
件数 店舗人員 1人当たり
の発生率
お礼・お褒め 59件 26,743名 0.22%
苦情 48件 0.18%
グラフ
環境活動
ヤマダ電機はスマートライフジャパン推進フォーラムに参加しています
取組項目 単位 4月 今期合計
温室効果ガス
CO2削減
デマンドコントローラー ※1 トン 3,409.8 3,409.8
グリーン電力(本社社屋) ※1
グリーン電力(本社社屋を除く) ※1
太陽光発電設置(高崎・千里) ※2
リユース
リサイクル事業
家電買取リユース
(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機)
15,151 15,151
エアコンリユースセット数 セット 28 28
パソコンリユース 23,561 23,561
インクカートリッジ回収 122,217 122,217
商品販売に
おける
CO2削減
太陽光発電 ※2 トン 6.90 6.90
エコキュート ※3 トン 8.32 8.32
店舗屋上太陽光発電装置設置による発電量 Kwh 3,594,043 3,594,043
※1 CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kwh  デマンドコントローラーは2013年度対比の削減量をCO2換算
※2 代表的な地域の年間予測発電量からCO2削減係数314.5g-CO2/kwhで算出
※3 排出係数 電気:390g-CO2/kwh、都市ガス:2100g-CO2/Nm3。燃焼式給湯器との比較 
ヤマダ電機では、省エネ型製品の販売で低炭素型社会に貢献します!
環境負荷の低減 単位 4月 合計
商品販売に
おけるCO2
排出削減
テレビ トン 242.9 242.9
冷蔵庫 トン 968.6 968.6
エアコン トン 107.3 107.3
合計 トン 1,318.8 1,318.8
※買い替えによる販売台数が対象
※テレビ:2006年型と2014年型の液晶32V型の平均的な年間消費電力量の目安を比較
  冷蔵庫:2003年型と2013年型の401L~450Lの平均的な年間消費電力量の目安を比較
  エアコン:2004年型と2014年型の冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWクラス・
 省エネ型代表機種の年平均的な間消費電力量の目安を比較
※いづれも省エネ性能カタログを参考に算出
※CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kWh
労働環境
改善提案
「社員全員参加の経営」を目的とし、日常業務から経営全般まで、業務効率、課題改善等、価値的なより良い業務ができるように、社員一人ひとりが現場の目線から積極的に提案を行い、社員全員で魅力ある会社にしていくための制度です。
改善提案累計
  2月 3月 4月
提出店舗数 414店 436店 448店
提出件数 736件 731件 728件
改善提案採用及び実施完了件数
  1月度分 2月度分 3月度分
採用件数 9件 12件 14件
完了件数 7件 5件 12件
改善時間(年間予測値) 1,088時間 62,560時間 249,235時間
改善効果金額(年間予測値) 1,846,336円
+α
108,392,000円
+α
431,924,255円
+α

年間予測値の概算は、業務の効率(削減時間)及び備品等の削減金額による予測値にて算出しております。

改善提案採用例

海抜表示のポスター作成

日本は地震が多く、津波被害も考えられるので、海抜表示ポスターを貼付し、地域住民へ情報を提供する。(提案店舗:LABI名古屋)

障がい者雇用促進
  2月 3月 4月
障がい者雇用者数 423名 420名 429名
コンプライアンス
4月度の取組み
テーマ

コンプライアンス体制の強化

内容

景品表示法に関する勉強会の実施