HOME > CSR(社会・環境活動)

CSR(社会・環境活動)

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

2013年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度  
■2013年4月度CSR月次報告
地域貢献・スポーツ活動
第14回前橋シティマラソンへヤマダ電機陸上部3選手が出場しました。
 平成25年4月21日、第14回前橋シティマラソンが、行われました。あいにくの天候にもかかわらず、5,177人の市民ランナーが参加。ヤマダ電機陸上部3選手も、ゲストランナーとしてみなさまと一緒にレースを楽しみました。
 雨の中、皆様の温かいご声援本当に有難うございました。
 ヤマダ電機はこれからも女子陸上競技部の活動を通じ、子どもたちの教育支援、スポーツ振興、青少年の健全育成に向け、積極的に取り組んでまいります。
トピックス
開会式
ゲストランナーとして紹介されました
トピックス
中学生ランナーによる選手宣誓
レース、スタート!
トピックス
互いに応援しながらの力走
ゴール後も、最後まで応援
地域貢献・イベント活動
「安全・安心まちづくり運動」イベントを開催
 平成25年4月27日、LABI1高崎「LABI Garden」にて、「安全・安心まちづくり運動」イベントを開催致しました。このイベントは、防犯思想の普及・浸透を図り、犯罪防止・不審者対策や、交通ルールの遵守正しい交通マナーの実践を習慣付けることを目的に、群馬県防犯協会と群馬県交通安全協会のご協力をいただき、毎年春の交通安全運動に合わせて開催しています。
 ヤマダ電機は、これからも地域に貢献できる取り組みを積極的に行ってまいります。
トピックス
開会式
たくさんのお客様にご来場いただきました
トピックス
イベントを通して防犯の大切さを学びました
超速戦隊GFIVEによる交通安全ショー
トピックス
群馬県警のご協力で警察官と白バイも登場。
子供たちも、貴重な体験が出来ました。
超速戦隊GFIVEがお子様とふれあい
CS(顧客満足)
    2月 3月 4月




eラーニング学習
コンテンツ数/参加人数
3コンテンツ 4コンテンツ 3コンテンツ
17,446名 14,173名 10,536名
礎生塾研修
開催数/参加人数
5開催 6開催 6開催
159名 154名 140名







修理受付から完了連絡が
8日以内の構成比
47.2% 48.1% 55.3%
配送工事に関する
重点教育テーマ
新規CS責任者
研修 4名
CS責任者更新
研修 70名
新規CS責任者
研修 4名
CS責任者更新
研修 11名
新規CS責任者
研修 32名
冷蔵庫・洗濯機
据付研修 44名
月間重点項目
主題

『態度・説明』によるご指摘発生防止の取り組み

副 題

■作業中でも、お客様が売り場に来られた際は、作業を一旦中止し、お客様に笑顔で挨拶を行うよう、心がけました。

■専門用語を多用した説明は避け、お客様の理解度に合わせた説明を行うよう、心がけました。

お客様からの
ご意見・ご指摘
件数 店舗人員 1人当たり
の発生率
お礼・お褒め 89件 27,928名 0.32%
苦情 67件 0.24%
グラフ
環境活動
チャレンジ25キャンペーンに参加しています。
取組項目 単位 4月 今期合計
温室効果ガス
CO2削減
デマンドコントローラー ※1 トン 1,661.7 1,661.7
グリーン電力(本社社屋) ※1
グリーン電力(本社社屋を除く) ※1
太陽光発電設置(高崎・千里) ※2
リユース
リサイクル事業
家電買取リユース(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機) 3,545 3,545
エアコンリユース店頭受付数 セット 79 79
パソコンリユース 44,982 44,982
インクカートリッジ回収 200,300 200,300
商品販売に
おける
CO2削減
太陽光発電 ※2 トン 24.68 24.68
エコキュート ※3 トン 12.38 12.38
店舗屋上太陽光発電装置設置による発電量 Kwh 341,896 341,896
※1 CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kWh  デマンドコントローラーは2012年度対比の削減量をCO2換算
※2 代表的な地域の年間予測発電量からCO2削減係数314.5g-CO2/kwhで算出
※3 排出係数 電気:390g-CO2/kwh、都市ガス:2100g-CO2/Nm3。燃焼式給湯器との比較
ヤマダ電機では、省エネ型製品の販売で低炭素型社会に貢献します!
環境負荷の低減 単位 4月 合計
商品販売に
おけるCO2
排出削減
テレビ トン 151.7 151.7
冷蔵庫 トン 1,069.3 1,069.3
エアコン トン 120.5 120.5
合計 トン 1,341.3 1,341.3
※買い替えによる販売台数が対象
※テレビ:2006年型と2012年型の液晶32V型の平均的な年間消費電力量の目安を比較
  冷蔵庫:2001年型と2011年型の401L~450Lの平均的な年間消費電力量の目安を比較
  エアコン:2002年型と2012年型の冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWクラス・省エネ型代表機種の年平均的な間消費電力量の目安を比較
※いづれも省エネ性能カタログを参考に算出
※CO2換算係数:0.55㎏-CO2/kWh
労働環境
改善提案
「社員全員参加の経営」を目的とし、日常業務から経営全般まで、業務効率、課題改善等、価値的なより良い業務ができるように、社員一人ひとりが現場の目線から積極的に提案を行い、社員全員で魅力ある会社にしていくための制度です。
改善提案累計
  2月 3月 4月
提出店舗数 498店 510店 485店
提出件数 896件 888件 860件
改善提案採用及び実施完了件数
  1月度分 2月度分 3月度分
採用件数 13件 24件 21件
完了件数 30件 5件 10件
改善時間(年間予測値) 86,350時間 346時間 1,659時間
改善効果金額(年間予測値) 158,554,000円
+α
1,213,920円
+α
2,853,480円
+α

年間予測値の概算は、業務の効率(削減時間)及び備品等の削減金額による予測値にて算出しております。

改善提案採用例

・火傷に注意POP作成

照明器具、暖房器具等の本体が熱くなる商品でお客様が火傷をされないように注意を喚起するPOPを貼付けする(提案店舗:笠間店・New洲本店)

・名刺の文字を大きく表示

名刺の文字サイズを大きくし、お客様に見やすいようにする(提案店舗:阿久根店)

障がい者雇用促進
  2月 3月 4月
障がい者雇用者数 427名 423名 422名
コンプライアンス
4月度の取組み
テーマ

リスク管理体制の強化

内容

情報セキュリティ体制の整備