HOME > CSR(社会・環境活動)

CSR(社会・環境活動)

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

2011年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度  
■2011年4月度CSR月次報告
社会貢献活動
東日本大震災および新燃岳噴火義援金を日本赤十字社へ寄託いたしました。
支援物資搬送風景

 ヤマダ電機グループは、このたびの東日本大震災および新燃岳噴火に伴う被災者支援として、支援物資の輸送やヤマダ電機グループ関係者からの義援金の他、全国のヤマダ電機グループ店舗の店頭においての募金活動などを通じ、総額約5億2284万円を寄付させて頂きました。
 ご協力いただき、誠にありがとうございました。内訳は以下の通りです。

1.お客様からの店頭募金  
 ・新燃岳噴火義援金 4,021,784円
 ・東日本大震災義援金 10,839,200円
2.ヤマダ電機関係家族から 10,000,000円
3.ヤマダ電機役員から 115,800,000円
4.ヤマダ電機グループ企業から 289,753,000円

日本赤十字社へお届け(1~4合計) 430,413,984円

 また、ヤマダ電機グループ従業員から被災従業員への義援金として52,473,254円の他、被災地向け支援物資として総額39,959,133円を輸送いたしました。

 被災地が一刻も早く復興されることを心よりお祈り申し上げるとともに、今後も社会貢献活動へ取組んでまいります。

CS(顧客満足)
    2月 3月 4月




有資格2級以上取得率
(有資格取得者内)
62.3% 62.5% 62.4%
eラーニング学習
コンテンツ数/参加人数
8コンテンツ 6コンテンツ 4コンテンツ
17,610名 18,885名 17,106名
礎生塾研修
開催数/参加人数
5開催 2開催 4開催
150名 52名 65名







出張修理受付
完了件数前年比
127.8% 111.1% 112.7%
配送工事に関する
重点教育テーマ

CS責任者研修
(新規・更新研修)

CS責任者研修
(新規・更新研修)

CS責任者研修
エアコン工事研修






主題

『笑顔で挨拶』
『お客様との約束を守る』

『笑顔で挨拶』
『お客様との約束を守る』

『笑顔で挨拶』
『お客様との約束を守る』

副題

2月の取組テーマ
■笑顔で親切・丁寧な対応
■お客様の要望・質問をしっかりと聞き取る

3月の取組テーマ
■笑顔で親切・丁寧なレジ対応

4月の取組テーマ
■ご来店いただいたお客様に笑顔で挨拶

■常に笑顔でお客様の対応を行い、丁寧な言葉遣いを行うよう、心がけました。
■お客様からのご要望ご質問についてしっかりと話を聞いて、的確で
親切・丁寧な回答を行うよう心がけました。

■お客様に対して常に笑顔で対応を行い、しっかりと挨拶を行うよう、心がけました。
■商品の受け渡しは必ず両手で行い、親切・丁寧に対応する事を心がけました。

■売場・レジでの笑顔で挨拶
※先輩社員は新入社員の見本となるよう、笑顔での挨拶を心がけました。

お客様からの・ご意見・お問合せ・お礼、弊社取組み
ご意見
お問合せ
お礼

【お客様からのお礼】

 ・家電は、ほとんどをヤマダ電機で購入していますが、今回、地デジとBSアンテナの設置を自分で行いました。担当の方には何回も質問を繰り返し、同じ事をまた繰り返し聞いても、嫌な顔ひとつせず答えてくれ、素人でもわかるよう、丁寧に配線図まで書いて説明してくれました。お店としては当たり前かもしれませんが、接客態度、言葉遣いといい、とても感じの良い方でした。おかげ様で無事アンテナは設置できました。

 ・対応について感激しましたのでお伝えします。店員さんは、とにかく対応が丁寧で、かつ商品知識が豊富!その上、お客様目線で、知りたい事をわかりやすく説明してもらったおかげで安心して買い物が出来ました。洗濯機、冷蔵庫、掃除機、照明、エアコン全てご案内していただき、まるで私たち専属のコンシェルジュのようでした。また何か買うときには今回対応してくれた方にお願いしたいです。

取組み

【顧客満足の向上の取組み】

 ・お客様のお話・ご要望をしっかりとお聞きし、「笑顔での対応」「親切な言葉づかい」で説明を行うよう、指導致しました。

 ・お客様の立場に立ち、専門用語を多用せず、わかりやすい説明で、お客様にご満足・ご理解頂ける接客を行うよう、指導致しました。

環境活動
チャレンジ25キャンペーンに参加しています。
取組項目 単位 4月 今期合計
環境負荷
の低減
商品販売に
おける
CO2削減
太陽光発電 ※1 トン 49.14 49.14
エコキュート ※2 トン 11.70 11.70
IHクッキング
ヒーター ※2
トン 1.07 1.07
温室効果ガス
CO2削減
太陽光発電設置 ※3 トン 4,715.4 4,715.4
デマンドコントローラー
導入拡大※4
グリーン電力※4
環境負荷低減
の支援
インクカートリッジ回収 241,080 241,080
リユース事業 中古パソコン販売 32,790 32,790
家電買取(テレビ、
冷蔵庫、洗濯機、乾燥機)
1,838 1,838
家電リサイクル品を指定引取り場所へ引き渡した
テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・乾燥機の合計台数
386,827 386,827
携帯電話回収実績 2,841 2,841
※1 代表的な地域の年間予測発電量からCO2削減係数314.5g-CO2/kwhで算出
※2 排出係数 電気:390g-CO2/kwh、都市ガス:2100g-CO2/Nm3。燃焼式給湯器との比較
※3 太陽光発電量からCO2削減係数314.5g-/CO2/kwhで算出
※4 CO2換算係数:0.561/kWh
ヤマダ電機では、省エネ型製品の販売で低炭素型社会に貢献します!
環境負荷の低減 単位 4月 合計
商品販売に
おけるCO2
排出削減
テレビ トン 1,026.9 1,026.9
冷蔵庫 トン 742.1 742.1
エアコン トン 138.2 138.2
合計 トン 1,907.2 1,907.2
※買い替えによる販売台数が対象
※テレビ:2000年型と2010年型のブラウン管32型と液晶32V型の平均的な年間消費電力量
の目安を比較
 冷蔵庫:2000年型と2009年型の401L~450Lの平均的な年間消費電力量の目安を比較
 エアコン:2000年型と2010年型の冷暖房兼用・壁掛け形・冷房能力2.8kWクラス・省エネ
 型代表機種の年平均的な間消費電力量の目安を比較
※いづれも省エネ性能カタログを参考に算出
※CO2換算係数:0.561㎏/kWh
労働環境
改善提案
「社員全員参加の経営」を目的とし、日常業務から経営全般まで、業務効率、課題改善等、価値的なより良い業務ができるように、社員一人ひとりが現場の目線から積極的に提案を行い、社員全員で魅力ある会社にしていくための制度です。
改善提案累計
  2月 3月 4月
提出店舗数 410店 355店 469店
提出件数 927件 787件 1,125件
改善提案採用及び実施完了件数
  1月度分 2月度分 3月度分
採用件数 33件 32件 30件
完了件数 32件 13件 29件
改善時間(年間予測値) 49,470時間 31,440時間 60,060時間
改善効果金額(年間予測値) 89,590,170円
+α
56,937,840円
+α
108,768,660円
+α

年間予測値の概算は、業務の効率(削減時間)及び備品等の削減金額による予測値にて算出しております。

改善提案採用例

「引き取り・買取POPについて」

PC本体買取後のデータ削除方法などについて詳細をPOPで案内

「節電時営業案内について」

節電時でも営業しているかどうかわかるような店頭案内・POPを作成

障がい者雇用促進
  2月 3月 4月
障がい者雇用者在籍数 389名 383名 392名
コンプライアンス

 

2月 3月 4月
コンプライアンス

 2月度はコンプライアンス及びリスク管理体制の強化についての活動を行ないました。

 3月度はリスク管理体制の強化についての活動を行ないました。

 4月度はリスク管理体制の強化についての活動を行ないました。

 社内マニュアルの一部改訂や、取引業務に関するリスク低減に向け、社内体制の整備を行ないました。

 社内文書管理におけるリスク低減のため、社内体制の整備を行ないました。

 前月から継続して、書類管理におけるリスク低減のため、管理体制の強化及び体制整備を行ないました。