HOME > CSR(社会・環境活動)

CSR(社会・環境活動)

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

2008年度【CSR月次活動報告】
4月 5月 6月 7月 8月 9月
10月 11月 12月 1月 2月 3月
2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度  
■2008年4月度CSR月次報告
ヤマダ電機は「次世代認定マーク」を取得しました。
当社は、平成20 年4 月23 日付で、群馬労働局長より「次世代育成支援対策推進法第13 条(注1)」に 基づき「基準適合一般事業主認定」を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しましたのでお 知らせいたします。 当社は、CSR 経営の一環として労働という観点から取組んでおり、社員のワーク・ライフ・バラ ンス(仕事と生活の調和)の実現についての取組みを行なっております。今回、その取組みの中で 「くるみん」を取得することが出来ました。

ヤマダ電機は、 「第25回 全国都市緑化ぐんまフェア 花と緑のシンフォニーぐんま2008」 に協賛しております。
特設”元気ステージ”で、環境への取り組み&ハートフルライブと題しましてヤマダ電機の地球温暖化対策への取り組み活動報告や心暖まる音楽LIVEを行います。

ヤマダ電機はこれからも、”STOP!地球温暖化”に向けて、CO2排出量削減のため省エネ型家電製品の普及啓発活動に積極的に取組んでまいります。

環境活動
「感謝」と「信頼」
『地球に生きる人として、企業として、企業活動においても環境への配慮を大切にしたい。』

その為に、自社の事業活動における環境負荷の低減に取り組むとともに、家電量販店として、お客様やお取引先様が より積極的な省エネルギー化及び環境負荷 の低減に取り組むことをご支援できるよう、 環境問題への取り組みを積極的に進めて いきます。
 
取組目的   具体的取り組み
事業活動における
環境負荷の低減
温室効果ガス
(CO2) 削減
・グリーン電力の導入
・デマンドコントローラーの導入
・レジ袋薄肉化
・環境配慮型レジ袋の導入
省資源化
(ごみ排出抑制)
・レジ袋薄肉化
・環境配慮型レジ袋の導入
・ごみ分別の徹底
環境負荷の低減の支援 ・リユース事業(家電・PC)の促進
・インクカートリッジ回収促進
・省エネ型製品普及推進
・社内教育の強化
・エコポイント ・チームマイナス6%活動への参画
・緑化イベントへの参画
・環境に関する会議への積極参加

CS(顧客満足)
接客業としてだけではなく、社会人として自然な形として 「笑顔の応対や挨拶」を、新入社員も含め期の最初に取り組み を行います。ご来店いただいた全ての「お客様」に、気持ちよく お買い物を楽しんでいただけるように、笑顔でのお声がけや 接客に取り組んでおります。 特にお客様をお迎えした際の「いらっしゃいませ」、 「ありがとうございます」は100%実施を行い、お客様に対する 「感謝」を言葉と態度で実践致します。 更に本部スタッフが巡店し、状況確認及び指導を行ってまいります。

労働環境
a.時間外勤務削減
店舗スケジュール管理システムの活用による業務効率化をはかり時間外勤務の削減を取り組んでおります。

b.連続休暇制度の確立
平成20年4月16日より 上半期連続休暇制度開始
取得スケジュールおよび取得実績の確認

c.出産育児介護制度改善
平成20年4月23日 厚生労働省認定マーク「くるみん」取得
詳しくはこちら
平成20年4月30日 群馬労働局長より認定マーク授与

コンプライアンス

業務委託先の個人情報保護等の体制強化
コンプライアンス委員会(週1回開催)では、個人情報の取扱いに関する通産省の運用マニュアルが改定されたことを受け、個人情報管理責任者・安全管理責任者・業務責任者等を選任するなど、業務委託先(再委託先を含む)にヤマダ電機同様の管理体制を確立していただくこととし、その上で業務委託を行うよう体制を確立しました。