HOME > 企業情報 > 環境保全活動 環境マネジメント

環境マネジメント

 2010年8月にヤマダ電機の環境活動に対する基本姿勢を示した「環境方針」を策定しました。この「環境方針」とISO14001を具体的な行動指針として環境活動に取り組んでいます。

ヤマダ電機の環境方針(2010年8月制定)

《行動指針》

1.環境に関する法規制を遵守し、自らの社会的な責任を踏まえて地球環境保全および環境負荷低減に向けた事業活動を推進します。

2.すべての事業活動を通じて環境影響の把握を進め、事業活動を通じて発生する環境負荷の低減に向けた継続的な改善と汚染の予防に努めます。

3.本業を通じて社会全体での地球環境保全に寄与するサービスおよび製品の販売を推進します。

4.環境に係る問題に関する学習を通じて、一人ひとりが責任をもって自発的に行動できるようにします。

5.お客様や地域の皆様との連携を進めながら、地球環境保全に向けた取り組みを進め、積極的に情報開示をします。

2016年度の主な取り組み

 ヤマダ電機では、事業活動においての環境配慮を重視しており、省エネおよび環境性能の高い製品の販売・サービスの提供や、製品のリユース・リサイクルなどを行っています。

 2016年度は事業を通じた環境負荷低減の取り組みとして、スマートハウス事業、またグループ会社(シー・アイ・シー、東金属、インバースネット)との連携で実現した家電・パソコンのリユース・リサイクルも、引き続き推進しています。店舗においても、高崎本社 社屋を対象に認証取得したISO14001に基づき、定量的な目標設定・管理のもと、環境負荷低減に向けた取り組みを推進しています。進捗状況は毎月開催の環境対策小委員会で報告するとともに、ホームページに開示しています。